まとめてふり返ってみる

JUGEMテーマ:こころ

 

 

自分史を書いてみようと思って、一週間が過ぎてしまった。

 

楽しいことってなんだろう。

それやったところでなんになる?

その程度じゃだめだわ

本当にやりたいことってなに?

使命って?

私はこの人生をどう在りたい?

考えるほど考え込んで、わからなくなる。

 

そうだ、自分の人生が終わる瞬間に後悔することを今すればいいんじゃないかな

と、思って想像してみて、

大した願望がないということに気づく。あきらめもあるかも。

わたしってその程度って思ってるかも。

でも、最後一瞬にして走馬灯のように人生を振り返る瞬間があるとしたら、

まず家族とのことがでてくるだろうと。

もっと素直になればよかったとか、もっと笑えばよかったとか、もっと許せばよかったとか、

そんなところだ。

 

なら、すぐできる。

自分史は壮大すぎて、完璧に仕上げられない。書いても違うような気がしてくるし、

自分を疑いたくなったり。

とりあえず、やる でいいか。

今日、すぐに、開いているあらたな扉に、とっとと一歩踏み出したいんだ。

 

だから、とりあえず書くことにした。

 

私は、母のおなかを切って出てきた。

人間が人生で一番しんどいという産道をぬけてくる体験をすっとばして、

人の手で出してもらった。

 

小さい頃はとにかくよく寝たらしい。そして、めっちゃ泣いたらしい。

こだわりが強くて、あれもいやこれもいや。

そうとう母を悩ませただろうけど、もっと私はかまってほしくて甘えたくて、

お姫様扱いしてほしかったんだと思う。

 

なんでもそこそこできる。

苦手なものは苦い野菜や、暗い場所など、感覚に関わることだった。

ちょっと繊細過ぎるけど、優しくて思いやりのある女の子。

根性があって、運動もわりとできるけど、人前に立つのが苦手で、自信がなさも目立ってたと思う。

特に男の子は苦手だった。

幼稚園のころからすでに抵抗があって。入学式で手をつなぐのがとても嫌だった。

 

お姫様になれないことがわかると、男の子になろうとしたのか、

マウンテンバイクに乗り、兄の服を着て、男の子言葉を使った。

 

仲のいい子はその時々でいたけれど、いつも一番になれない不安があった。

 

そこそこなのに、一番になれない自分。

 

父の理想に届かない自分。

兄よりも弟よりも立派でなくてはならない。

私は大丈夫、私だけはちゃんとしなくちゃ、でもできない。

 

やりたいことをやらなくなったのは、お絵かき教室に行けなかったことが大きかったかもしれない。

自分で応募したスクールも、電話で親に断られてしまった。

 

親の言う通りにはなりたくない。

人にコントロールされたくない。

周囲の期待とは別の方向へ向かいたい。(不幸に浸る)

 

頑張る姿を見せながらも、トップに立つことを恐れていたし、

どこか自分を認めてくれる人や場所があると信じながらも、いい子の自分に隠れて、

人の目を気にした。

みんなはいいな。

私はダメだな。

私は不幸なんだという思い込みもあったかもしれない。

でも、幸せだって言い続けた。

 

うらやましくて、脱したくて、愛されたくて、

必要とされたくて、自分を何かに寄せようとして、苦しんで、

そんな自分を一番いいと言ってくれる人には出会わなかった。

 

友達はたくさんいるのに、いい子だってよく言われるのに、いつも孤独で。

 

誰でもいいから… と、思っていたところに、「自分のことを好きになってくれる人はいないかな」と思っていた旦那と出会う。

絵に描いていたことを楽しんで、しだいにうまくいかないことを思い知って、

お互いの理想をぶつけ合って、暗闇に落ちていった。

 

相談もできない。

助けても言えない。

自分で何とかしないと、私が悪いんだと責める。

 

強制終了させたのは、私の体だった。

なにもかもが覆り、がちがちの自分が少しほどけてきて、

本来の自分を探し出す。

 

ないないって探す。

いつまでもみつからない。

 

目に見えないことや、わからないことに、答えを求めた。

自己啓発、スピリチュアル、友達の話、ブログのネットサーフィン、いろんなことをして。

 

今、に焦点を当てて、自分の足でここにたってることとか、

今すぐそばにある地域のこと、

無意識にくだらないと思っていた自分のこと、

外に答えをもとめずに、一番寂しがってる自分が知ることなんだと実感する。

 

思考に頼らず、感覚も信じること。

自分ならできると自信をもつこと。

これから先の未来が、ちゃんと自分の思う通りになることも。

他人と比較せず、自分を追求すればいいんだって、思っては、よそをみて焦り、

うらやましがり、自分には「ない」と見つからないの世界に戻ろうとする。

 

十分事足りていて、

必要なことしか周りにないんだって、

怒る旦那も、親の言うこと聞かない息子も、多くのことが2番手になってしまう次男のことも、

必要なことで、変える必要もない。

長い目で見たときの今日、

今この瞬間にしかない今日、

どちらも大切。

 

じゃあ、私はなにしたらいいの?って

それはもう、感覚を信じて、素直に自分の声を聴いて動くだけ。

自分の思い通りにはならないし、お姫様にはなれないけど、

男の子になる必要もなくて、

自分の世界を楽しめばいいし、その世界に共感する人は、追いかけたり探したりしなくても、見つけてくれる時に私もみつけるんだろうな。

 

ハッピーバースデー37

スポンサーサイト

コメント