ラッキーは自分が手繰り寄せる

3月後半から6月中旬まで、いろっいろありました!

まとめて書こうと思ってるんですが、今日は、その積み重ねがあってこそのあらたな発見をしたので、とりいそぎ。


主人の好きなことに家族が入ることでしか、家族共通の楽しい思い出をつくる道はない!

拒否していたサッカーを、私なりに楽しむことが、最短。

私なりに、自ら、楽しむというのがポイント。


保護者のグループLINEも抜けていたのですが、再度入ることにして、今日は活動日。

息子は休会でいない中、コーチである主人についていってそばの公園で楽しんだ後、合流する予定。


だから、今日は、久しぶりについてきていたんです。

そしたら、手続きで免許証がないことに気づき、私が運転することになりました。

(いつもついていってなかったのに、今日たまたま一緒に出てたから変わることができた!ラッキー!)


向かう途中、主人はいらついてました。

右折する車のせいで、後ろが進まない、一秒でも早く行きたいのに、こんな日にこんな時間でここで右折するなんて空気読まれへんと、怒ってました。

以前の私なら、そんなことを言う主人を責めました。

でも、今日は、ひと呼吸おくことができました。気を抜いて言葉を、かけたので、ケンカになりませんでした。


諸用によったとき、車を降りて扉を開ける主人を見て、息子が「お父さん、かっこいい〜!」と言ったのです。

嬉しい瞬間でした。

私がけなさなければ、自然と、かっこいい姿を見つけるもんなんだ!



バタン!!!!!

思いっきり車の、ドアを締めた主人。急いでるので、力まかせ。

以前の私なら、もっと優しくしめてよ!と怒りました。

「そんな強く締めたら、大事な車がお腹こわすよ〜」と、ゆるーくつぶやけたんです。

無視されましたが喧嘩にはなりませんでした。


目的地につくと、到着時間が大幅に早かったんです。いそいでたのに!

一番乗りです。

ラッキーです。

少し子どもとあそんでくれるかな?

と思ったので、提案したらいらつかれました。次の予定が気になるのです。


だから、安心して遊べるすぐそばの草むらを歩きました。

そしたら、気持ちも落ち着いてきたようで、息子とおしゃべりしてくれました。


私もその光景に満足しました。


そこについたときに駐車場を探したんですが、ゆとり持ってつけてたので、ぐるっと駐車場を探すことができて、いつもより安く止めれました。


さらに、散歩中により安いところを見つけられてラッキーでした。



私の責任は、ここまで。

相手は変わらない。

ふーん、そう思うんだ。私とは考え方違うけど、ま、どーでもいいわー。

と、線を引く。


これが、そっけなく寂しいように見えて、実は私の夢、家族楽しく、を叶えるに、いい方法なのでした。


コツを掴んでいきたい。


スポンサーサイト

コメント